スリランカ現地発着ツアー&サファリ手配のネイチャー・エクスプローラ・ランカ

  • +91 11 2228450
  • メールでのお問い合わせ
トップ > ツアーラインナップ > スリランカの文化遺産6ヶ所制覇!モデルプラン スリランカ周遊7泊8日

  • ツアー・プランを探す
  • ツアー一覧
  • スリランカの魅力
  • 野生動物・自然を楽しむ
  • 街・遺跡を楽しむ
  • スリランカの基本情報
  • ネイチャー・エクスプローラー・ランカとは
  • 会社概要
  • お申し込みからご出発まで
  • スタッフブログ
  • スリランカの魅力 動物・自然編
  • スリランカの魅力 街・遺跡編
ツアーコード

LKD18

料金:お問い合わせください | 日数:7泊8日

スリランカの文化遺産全6ヶ所を巡る!
モデルプラン スリランカ周遊 7泊8日

世界遺産、高原列車、ジープサファリ、アーユルヴェーダ。
スリランカと言えば!の全てを盛り込んだ、スタッフおすすめのモデルプランです。

日程表 / Itinerary

  地名 スケジュール
1 コロンボ
アヌラーダプラ
ミヒンタレー
アヌラーダプラ
朝、コロンボのご指定の場所へ専用車にてお迎え。 専用車にて文化三角地帯の北部、アヌラーダプラへ向います(約5時間)。到着後は仏教の聖地であるアヌラーダプラの世界遺産観光へ(イスルムニヤ寺院 / スリー・マハー菩提樹 / ルワンウェリ・サーヤ大塔など)。 夕方はスリランカで最初に仏教が伝えられた聖地ミヒンタレーへ。夕日に染まるアヌラーダプラの街並みをご覧ください。
アヌラーダプラ泊 |食事回数:朝× 昼○ 夜○
2 アヌラーダプラ
シギリヤ
午前中、昨日に続きアヌラーダプラを観光。その後、専用車にてシギリヤへ移動します(約1時間)。 午後にはミンネリヤ国立公園でジープサファリをお楽しみください。
シギリヤ泊 |食事回数:朝○ 昼○ 夜○
3 シギリヤ
ポロンナルワ
シギリヤ
午前中、世界遺産シギリヤ・ロックを観光します。ジャングルに突き出た岩山のシギリヤ・ロックでは、頂上に築かれた王宮跡や18人の美女のフレスコ画シギリヤ・レディを見学します。 ご希望のお客様へはエレファントライドをご案内いたします。 午後には世界遺産、古代都市ポロンナルワをご観光。クワドラングルと呼ばれる11の建築物が集まっている遺跡群や座像・立像・涅槃仏が1枚の岩で彫られたガル・ヴィハーラなど、広大なエリアに広がる遺跡をじっくりご見学ください。
シギリヤ泊 |食事回数:朝○ 昼○ 夜○
4

シギリヤ

ダンブッラ
キャンディ

専用車にてキャンディへ向います(約2時間)。 途中、スリランカ最大の仏教壁画で有名な世界遺産ダンブラ石窟寺院の見学、スパイス・ガーデンへご案内いたします。着後、シンハラ王朝最後の都・キャンディにて仏歯の犬歯が祀られている仏歯寺の見学。夕方、伝統舞踊キャンディアンダンスの鑑賞をお楽しみください。
キャンディ泊|食事回数:朝○ 昼○ 夜○
5 キャンディ
ヌワラエリヤ
朝、キャンディ郊外ピンナウェラの象の孤児院へ。保護されているゾウたちが川で水浴びする様子などをご覧いただけます。 その後、ペラデニヤ駅へ。高原列車に乗車し、ヌワラエリヤ近くのナヌオヤ駅へ移動します(約3時間半)。 なだらかな丘陵上に続く美しい紅茶園を望める列車の旅をお楽しみください。 着後、専用車にてヌワラエリヤへ。英国の雰囲気を残すヌワラエリヤの散策をお楽しみください。
ヌワラエリヤ泊|食事回数:朝○ 昼○ 夜○
6 ヌワラエリヤ
ゴール
朝、植民地時代の面影を残す避暑地ヌワラエリヤの茶畑や紅茶工場を見学します。 その後、専用車にて、南部の世界遺産の街・ゴールへ移動します(約6時間)。
ゴール泊|食事回数:朝○ 昼○ 夜○
7 ゴール
ニゴンボ
午前中、ゴール旧市街を観光。植民地時代の影響を受け、ヨーロッパの雰囲気が残る街並みをご覧ください。 その後、コロンボ/ニゴンボへ戻ります(約2時間)。 本日の宿泊はアーユルヴェーダ施設にて。1人1人の体質に合わせたお食事ならびに本格的なアーユルヴェーダ施術・ヨガ体験でご旅行の疲れが癒されることでしょう。
ニゴンボ泊|食事回数:朝○ 昼○ 夜○
8 ニゴンボ
コロンボ
お昼過ぎ、ホテルへお迎えに参ります。 コロンボのご指定の場所までお見送りいたします。
食事回数:朝○ 昼○ 夜×

※ご希望に合わせて自由自在にアレンジいたします。 上記プラン通りのご旅行だけでなく、プラン記載以外のホテルへの変更や、専用車・ガイドのみのご手配、お食事なしのプランなど、一人ひとりのお好みに合わせたご旅行を手配させていただきます。

ツアーのポイント / Tour Point

スリランカの歴史を世界遺産とともに学ぶ8日間

アヌラーダプラから始まり、シギリヤ、ポロンナルワを経てキャンディやゴールまで。スリランカの歴史の順番をなぞった日程なので、旅行が進むにつれて各世界遺産で得た知識とともにスリランカの歴史の理解も深まっていきます。


※アヌラーダプラ※
シンハラ王朝、初の都であるアヌラーダプラ。一度はシギリヤへ都が移ったものの、1,300年もの間、スリランカの都として栄えた町です。なんといっても、インドから運ばれた菩提樹の分け木が運ばれた場所でもあることから、仏教の聖地として現在もなお、スリランカ国内外から仏教徒が集います。New Town(新市街)、Old Town(旧市街)、Ancient Town(遺跡地区)と主に3つのエリアに分かれるアヌラーダプラ。モデルツアーでは1.5日間かけて、じっくりご案内します。

  • 推定約2,300年の菩提樹

  • イスルムニヤ寺院の涅槃像

  • ルワンウェリ・サーヤ大塔

※ミヒンタレー※
アヌラーダプラからほど近い場所に位置するミヒンタレー。この地の名前の由来ともなった、アショーカ王の息子Mahinda(マヒンダ)がシカに身を変えたデーウァ神と出会う話はあまりにも有名です。世界遺産ではないものの、スリランカの仏教を学ぶにはぜひ訪れたい地域です。通称、インビテーションロックから見えるアヌラーダプラの町並みは良い思い出になるでしょう。

  • 僧たちの会議場跡

  • 1,800段以上あるといわれる階段のスタート地点

  • 仏教のはじまりを再現したレプリカ

  • マヒンダが瞑想していたというインビテーション・ロック

  • インビテーション・ロックからの景色

高原列車に乗りリトル・イングランドへ、本場のセイロンティーを求めて

スリランカで最も高い標高、1,600m~1,800mに位置し、セイロンティーの5大産地のうちのひとつであるヌワラエリヤ。ここで取れる茶葉は、強い渋みと高貴な香りが特徴で「セイロンティーのシャンパン」との呼び名すらあります。緑茶に似た味わいを持っていることから日本人に人気が高いです。そんな高地へ、高原列車に乗車しながら向う旅はいかがでしょうか。
  • ヌワラエリヤの紅茶畑

  • 紅茶工場で飲むセイロンティー

アーユルヴェーダリゾートで疲れを癒す、1泊3食付の本格トリートメント

「症状があらわれている部分だけに問題があるのではなく体のバランスが崩れているため病気になる」というのがアーユルヴェーダの考え方。体のバランスはドーシャという3つの体質(ヴァータ・ピッタ・カパ)で判断し、この3つがバランスよく保たれていることを健康な状態と判断します。そのため、ドーシャが乱れた場合、オイルマッサージや食事療法、瞑想などで整えます。 通常のアーユルヴェーダは1週間以上から、という場所も少なくないですが、本ツアーの最後では1泊でも3食付きで本格的な施術を体験できるホテルへ。日帰り体験型のトリートメントではなく、食事から体質に合ったものを提供する本格的な治療法をご案内いたします。
  • ホテルのプール

  • 施術部屋の一例

  • 毎朝ヨガが行なわれているスペース

ホテルの予約は自分でして、現地での移動手段だけ手配したいという方へ人数・ルートにあわせてお見積りします。車種はセダン(乗用車)からワゴン、コースター(小型バス)までございます。

スリランカではゲストハウス・クラスのホテルから極上リゾートと呼べるホテルまで、バラエティー豊かなチョイスがあります。

日本語ガイド、英語ガイドをご希望によって手配いたします。

野生動物の観察・写真撮影目的のお客様には、ナチュラリスト同行の手配が可能です。

ヤーラ国立公園ほか、各地の国立公園でのサファリ専用車とドライバー、ご希望によって現地ナチュラリストの手配をいたします。スリランカの森でのウォーキングサファリもおまかせください。

ミリッサやトリンコマリー、カルピティヤからのホエール・ウォッチングの予約、チャーター船の手配をいたします。いずれも季節が限られていますのでお問い合わせください。

Page Top